整形外科?整骨院?どっちを選ぶ?

こんにちわ。明石市大久保町にあるあかねがわ整骨院です。

今回は患者様の質問にお答えします。いつもながら、私の「勝手な」見解ですので。

体が痛いときは整形外科に行けばいいの?整骨院に行けばいいの?という質問です。

まず、柔道整復師(整骨院)で見れる範囲は、骨折、捻挫、打撲、挫傷のみで、創傷(傷や血が出ているようなもの)は診ることはできません。

それに対し、医師は何でもしていいのです。その中には柔道整復の範囲ももちろん入っているので、迷うくらいなら整形外科に行った方が確実かな?とは思います。

形だけで考えると整形外科があれば、私たち柔道整復師はいらないと言われてしまします。

病院に行くと、注射、薬、リハビリ(電気)で痛みを取る処置をしてくれます。

整骨院では、筋肉や体全体を診察して、ここが悪いから痛みが出る。と、筋肉を触ったり、バランスを整えたり、痛みが早くとれるように「自己治癒力を促進」させます。

上記の通り、痛みをとるという目的は同じでも、痛みの取り方は全く違います。時間かかっても根本的に治したいのであれば整骨院。根本的には治らないがとにかくその場の痛みをとりたいのであれば病院くらいの考え方の方がいいかもしれませんね。

結論から言えば、「一緒にしないでほしい」というところですね。

ただ、国や生命保険会社などではやはり「医者」が優先に取り扱います。痛い所が同じなら病院が優先されます。整骨院との併用はできないのです。

医者の診断は絶対という空気なので、私たち整骨院の施術者は従います。ただ、そこで単に従うのでは正直治療家としては「終わり」でしょう。それなら理学療法士になって、医者の指示のもとリハビリしておけばいいんです。

私たちができることは「医者の指示を尊重しつつ、他にできることが何かを考えて施術すること」です。これなら怒られない!痛い箇所があるなら、ここも将来的には痛くなります。などまだまだやることはたくさんありますから。

 

整形外科なりのいいところ、整骨院のいいところをお互いに利用できるような制度ができるといいですね(笑)

 

「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」   あかねがわ整骨院ブログ