2月、3月度の肩こりのモニター結果

こんにちわ。明石市大久保町江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

2月、3月にわたり、肩こり専用機器ライズトロンのモニターを終了いたしました。

たくさんのご応募および、ご感想をいただきましてありがとうございました。

今回のライズトロンのモニターは、ライズトロンを10分間照射+5分間の手技を週1回×6週続けると肩こり具合はどうなるのか?という検証でした。

前回のモニターはライズトロンを10分間照射+5分間の手技を週2回×3週という検証でした。

比較をすると、前回の方が断然肩こりのとれ具合が良かったとのことでした。実際のところ、肩こりを持っている方は相当な重症の方が多く、さすがに最初から1週間間隔をあけるという事が無理だったようで、3日~4日で元に戻ってきたということでした。

結果を言うとはじめは週2回を3週ほど続けて頂くのが改善のための1歩であることがわかりました。

まだまだ、検証を続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

さりげなく、あかねがわ整骨院内で掲示していると思いますので、興味のある方はぜひご来院ください。

 

「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」   あかねがわ整骨院ブログ

膝痛みに

こんにちは。明石市大久保町江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

先日、膝が痛いと訴える患者様が来院されました。

整形外科では昔、軟骨が減っているからと診断されたようで、ヒアルロン酸をうってもらっていたそうで、少し改善していたからと放置していたそうです。

今回は整形外科には行かず、あかねがわ整骨院に来院されました。

膝の半月板や靭帯は傷んでる様子が無かったので、歩く姿勢や仕事の立ち位置等の指導を入れながら、伸びきっていない膝をしっかり伸びるようにストレッチと施術を行ったところ、翌日には痛みがきえていて、大変喜んでいただきました。

人体の構造とは複雑なもので、一つのバランスが崩れると連鎖的に悪いところが出てきます。今回の患者様も、膝の伸びが悪く、姿勢が悪くなってしまい、必要以上の筋肉を使わないといけない状態でした。膝は治ってもまだまだ正さないといけないことが多いので、指導はしていくつもりです。皆様も、痛みが出てしまうと遅いという気持ちはもっておくべきなのかも知れませんね。
「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」  あかねがわ整骨院ブログ

ギックリ腰の処置は早めに

こんにちは。明石市大久保町の江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

先日、患者様がギックリ腰で来院されました。

私「どうされましたか?」

患「ギックリ腰またやってしまいました」

この患者様は、ギックリ腰になる度にあかねがわ整骨院に来院されます。

私「いつされたんですか?」

患「ついさっき。30分くらい前にやってしまって、今冷やしてコルセットしてる」

ギックリ腰に慣れてるだけあって、処置は完璧ですね。この時点でよかったことは、冷やすこと、固定していることです。

多くの患者様は、温めれば治ると思ってお風呂に入って悪化させてしまいます。

そして、体を反ることも痛くてできなかったので、脊柱起立筋(いわゆる背筋)の調整とそれを支える骨盤から下の調整をすることで、反ることができるようになりました。また今から仕事に戻るそうです。お大事に(^-^)

このように、なれている方ならいいのですが、間違えたことをしない為にも早い段階で通院することをオススメします。
「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」  あかねがわ整骨院ブログ

足のトラブルについて

こんにちは。明石市大久保町江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

今日は足のトラブルについてお話します。

皆様外反母趾ってご存知ですか?

外反母趾というのは、間違ったサイズの靴を履きつづけたり、長時間正しいバランスがとれていない状態で過ごす。ということが日常化している方が良くなります。

身近な方で言いますと、ヒールを履いて毎日立ち仕事をしている女性。

中には高齢の女性で、戦争時代に満足した靴が履けず、きつい靴ばっかり履いていました。という方もおられます。

最近では学生でも多く見られます。学生の場合はいわゆるベタ足と言われる扁平足で、足の痛みが出たりします。この原因というのは、足の裏への刺激が少ないこと。等があります。足裏への刺激が少ないことで、縦のアーチ、横のアーチがなくなってしまい、歩く際の足からの衝撃を吸収するための機能が失われているために、疲労などにつながってしまうのです。

これを治すには日常の足裏の刺激を与えてあげること。足の指でタオルをつかむ練習をしたり、竹踏みを踏んだり。

あかねがわ整骨院では、カサハラ式足裏テーピングを施します。テーピングにて、縦アーチ、横アーチとを作り、正しい歩き方に矯正します。
足の痛みは腰と同じくらい原因がわからないことが多いと思います。なんでもご相談くださいね。

「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」   あかねがわ整骨院ブログ

整骨院ってなにするところ?2

こんにちわ。明石市大久保町江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

昨日のブログを読んだ後に今日のブログ読んでくださいね。よろしくお願いします。

今日は新しい患者様が来院されました。歩行時に腰が痛いと来られたのですが、他にも整骨院に行っていたみたいなので、探りを入れながら問診させてもらいました。○整骨院では、保険を使われていたようで、どんな理由で保険診療にされたのか問いかけたところ、聞かれなかったとのことでした。施術内容は、肩と腰を揉むだけだったとのことです。

三ヶ月ほど通院したけど、少し遠いのと、改善の兆しがないのでと自宅の近くにあったあかねがわ整骨院に来られました。

○整骨院では金額も説明無く定額料金を支払っていた様なので、説明のなかで、整骨院は同月に二つ以上行ってはいけないことと、保険の正しい使い方(このような理由で痛くなったので、この部位を保険を使って治します。肩の懲りは保険は使えないのですが、実費のメニューになりますが、合わせてお支払い金額は○○円になります。)を説明しました。

患者様は、私の言うことにすべて納得していただいたようで、腰を揉むだけじゃ治らないので、別のところも触ります。と説明をしたうえで同意を得て施術させていただきました。

施術後は大変満足していただいたようで、「先生若いのにしっかりしてはるなぁ!」とお褒めの言葉もいただき、次の予定も決めて帰られました。予約じゃないんやけど・・・(笑)

あとは、施術を何回かさせてもらって、通院間隔があけれるくらいの状態になればいいですね!

 

「江井島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」   あかねがわ整骨院ブログ

整骨院ってなにするところ?

こんにちは。明石市大久保町江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

 

みなさま、今更ですが整骨院ってなにするところかごぞんじですか?

整骨院というのは、急性の症状(骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲)を応急処置できるところなんですね。

もちろん、症状を治すために、いろんな手を尽くします。

患部をほぐしたり、温めたり、冷やしたり。治る時間も患者様によって違いますから、長い間かかってしまったりします。これが「保険診療」。つまり保険がきく範囲です。

 

それに加えて、さらに早く良くなるために、国から保険を認められていない内容の技や機械をつかいます。これが「保険外診療」つまり実費です。骨盤矯正や追加でのマッサージなどがこれに当たりますね。

 

今、国で問題になっている整骨院での保険の使い方は、保険を使って、マッサージをしているのではないか?というところです。

マッサージなのかマッサージではないのか?この辺はとてもグレーゾーンです。人の解釈の仕方によって変わってしまいます。

あかねがわ整骨院では、マッサージを希望する方には自費をおすすめしますし、保険の中で揉まなければならない部位があったら事前に、「決してマッサージではない事」の説明もします。説明をしなければ患者様はマッサージをしてくれる。と勘違いしてしまうからです。

このような疑惑が続いてしまうと必ず整骨院では保険が使えなくなってしまいます。

4年前に新しく患者様がこられた際に「〇〇整骨院に行ったんやけど、ここ揉んでほしい」と伝えたら

「当院は揉みませんから。あかねがわ整骨院なら揉んでくれるん違います?」ってあかねがわ整骨院を紹介されてきた患者様がいらっしゃいました。当時、〇〇整骨院には正直ガッカリしましたが、揉まないという事を貫いておられることには尊敬しましたね。

その患者様には、治療の説明をしっかり行い、揉むだけじゃ治らない事、治療ではマッサージはしない事を丁寧に伝えて、施術させていただきました。そのおかげで、今でも、体に異常が出た際は来院していただいております。

保険の使い方は正しく理解しましょうね。

 

「江井島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」  あかねがわ整骨院ブログ

なぜ腰が痛くなる?筋肉を使う順番

こんにちわ。明石市大久保町江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

みなさまは、腰痛になったことはありますか?

何回もブログで紹介させていただいている通り、腰痛の原因というのはあまり解明されていません。

ですが、分かっている原因も少なからずあるので、少しでもわかりやすいように説明していきますね。

今日のテーマは「連動」です。

 

 

みなさま、腰が痛くなった際は腰を診てもらいに病院、または整骨院にいかれますか?

もちろん腰を診てほしいですよね?でも、腰だけじゃあだめなんです。腰が原因で腰が痛いならOKです。

本当に腰?という疑問を抱いてください。股関節が悪い、歩き方が悪い、膝が痛くなったことがある、関節が固い、O脚などから痛みが来ることもあります。一度ブログでも土台の話をしたことがありますよね?

例えば、腰より下

太ももの後ろ・殿部の筋肉の機能が衰えていると本来、歩行動作等で

太ももの後ろ→殿部→腰

と順番に連動していかないといけないものが

腰→太もも→殿部

と使う順番が入れ変わってしまいます。

こうなると、腰部への負担が増加し慢性化した痛みとなっていきます。

この症状で重要なことは筋肉を使う順番を正しく戻してあげること!

単に痛みの箇所をマッサージすることは一時的な痛みの抑制にはなりますが

根本的な痛みは改善されていきません!

原因をさがし治療を行いましょう(^_^)

 

「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」  あかねがわ整骨院ブログ

セルフで腰痛の治し方を持っていますか?

こんにちは。明石市大久保町江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

みなさまは腰痛になった際、治し方を持っていますか?

腰痛になると言っても、人ひとりひとり原因も違いますし、症状も違います。

でも、腰痛になった患者様はこう言います。

①風呂に入る。②冷たい湿布を貼る。③マッサージすれば治る。

どれが正解なんでしょう?では答えは?

 

 

分かりません。が正解です。

全てが間違えているわけでもなく、正解でもありません。なぜなら、原因がわからないからです。いきなり痛くなった腰を温めてしまうと、痛くなる物質がどんどん出ている状態で血流を良くしてしまうわけですから、痛みがひどくなります。①~③のうち①と③は血行が良くなります。血行を良くしていいのは慢性期です。いきなり腰が痛くなった際は冷やしましょう。つまり②です。

多くの整骨院で治療のやり方は

腰が痛い痛みがある場所を暖めマッサージ

が主流でした。今でもたくさんの整骨院がやっているでしょう。私もやっていました。しかし、これでは、悪化、もしくは慢性痛を繰り返すだけです。

なぜ、そこが痛くなってしまうのか!が重要です。

根本を解決しない限りは慢性腰痛は治りません。そして、一生整骨院やマッサージ屋さんに腰を揉んでもらいに行かなければならないのです。

腰が痛くなった際の対処法を自分自身で持つことはとてもいいことですが、それが正解なのかどうかはちゃんと判断してもらいましょうね。

 

「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」   あかねがわ整骨院ブログ

フットサル(トレーナー)活動

こんにちわ。明石市大久保町江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

昨日はフットサルチームの大会に参加してまいりました。選手として、またトレーナーとして。

昨日の活動は、選手Kさんが踵を痛めてしまったのでテーピングを施したのと、選手Nさんがふくらはぎの張りを訴えていたのでアドバイスや指導を行いました。

選手の活動としては、交代で出場したとたん、ファウルを犯し、PKを与えたり。不慣れなポジションでボールにさえなかなか触れないという醜態をさらして帰ってきました。

ただ、チームは総合で2位と健闘していただき、ほかのチームからもユニホームが変わったことで少し見てくれたり、左腕の整骨院がアピールできてればそれでいいです!(笑)

そして今日は全身筋肉痛です。運動不足です。ただ、スラックラインの効果はあったのか、ブレや足の崩れはそんなになかったように思いますね。スタミナをつけながら、体重を管理しながら、体幹を鍛えていけたらいいなあと思いました。

「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」  あかねがわ整骨院ブログ

リハビリについて

こんにちわ。明石市大久保町江井ヶ島にあるあかねがわ整骨院です。

今日はリハビリについてお話ししたいと思います。

リハビリとは?リハビリテーションの略で、re(再び)+ habilis(適した)、すなわち「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」などの意味を持つ。とWikipediaに出ています。

 

患者様が3年ぶりにあかねがわ整骨院に来てくれました。「お元気されてましたか?」の答えに、

患「相変わらずでね。今は病院のリハビリに行ってるんやけどね。ぜんぜん良くならないけど、家の前まで送迎してくれるのと、知り合いと話しに行ってるようなもんや(笑)」

私「いつから行ってらっしゃるんですか?」

患「先生(私)が、レントゲン取りに病院へ行ってみてください。って言われてから、病院行って、リハビリしてくださいって言われてからずっと。もう3年かな?」

この会話。聞いてどう思われますか?

患者様は良くならないとわかっているのに仕方なく行っている現状。これってリハビリとはいわないですよね?もちろんプランを組んで、5年くらいのプランで状態を良くしていきましょう!とかなら、すいません。謝ります。

先の見えないリハビリはリハビリではないと思います。病院も治す気がないなら、そんなことに保険を使ってほしくないですね。

私たちにはリハビリを扱う資格はありません。だから患者様に自費で整体や運動という名目のリハビリをしています。

でもみなさまは治す努力をしてくれます。要はお互いのやる気なんでしょうか(笑)

 

「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地域を大切に」   あかねがわ整骨院ブログ