ストレッチを見直そう

こんにちわ。明石市大久保町にあるあかねがわ整骨院の院長の今井です。

今日はスポーツをされる方へのアドバイス。

あたりまえのことなのですが、激しい運動をする前、した後には必ずストレッチをおこないましょう。

ストレッチをせずに急に激しい運動を行うと、筋肉が急な収縮や伸びについていけず、筋肉を痛めてしまします。

最悪の場合は肉離れとなり、痛みで歩けなくなることもあります。治療には時間がかかり今まで鍛えてきた筋肉も使えず鈍ってしまい痩せてきます。また1から鍛えなおし・・・なんて無駄な時間を過ごしてしまうことも。

もちろん体を動かした後もクールダウンとしてストレッチを行ってください。動いた筋肉には疲労物質がたくさんたまっており、それを循環して流してあげないといけません。放っておくと、肉離れ程の重要な事態にはなりませんが、筋肉にとっては邪魔な存在なのでしょう。回復が遅くなったり、固くなってきて、ケガもしていないのに何となく痛みが・・・等の症状がでてきます。

上記の事柄はスポーツ愛好者にとっては当然のことと思います。

しかし、最近ではストレッチを行わない方もおられます。最近の学校の部活動でも運動前のアップ(ストレッチ)は軽めに行ってダウン(クールダウン)はしない場合もあります。患者様と「そりゃあ、痛みも出てくるわ!」って冗談交じりに会話をするのですが、肝心なのは「指導者がどれだけ体の理解があるのか?」なのでしょうね。ストレッチの重要度をもう一度理解してから部活動の指導を行ってほしいなと思います。

一度肉離れを起こしてしまうと、離れてしまった筋肉は完全にもとどおりになるわけではなく、瘢痕組織という筋肉とは別の伸びない組織で再形成されます。代わりに他の筋肉組織が普段以上に伸びて負担をかたがわりしなければなりません。つまり・・・再発しやすくなります。

私はプライベートでもフットサル、野球をやっています。レベルは「草」程度ですし、本格的にやっていたわけではないので技術云々はアドバイスはできません

その傍らでチームの医療班としての顔もありますので、ケガ防止や、選手のコンディションなどはしっかりとみています。その中でも、ストレッチは必ず行ってもらうよう指導は徹底しています。その中でも、やはり体が固い(つまり筋肉に柔軟性がない)選手はケガ率が高いように思います。

スポーツをされる方に一言。長くスポーツができる体を維持する為に準備、後始末にはたっぷり時間をかけて行ってください。どうしても時間をかけたくないという方は、普段から体を柔らかくする努力をしてください。

 

「江井ヶ島、西江井ヶ島を中心とした地元を大切に」    あかねがわ整骨院ブログ